本の仕入れ

古本屋がお客さんを格付けすることはあるのでしょうか。よく古本を買いに来てくれるから少し安くしようとか、良い本を古本買取に持ってきてくれることが多いから高めに買い取ろうといったことはあるのでしょうか。
古本の仕入れ方法は古本屋によって変わってくるでしょうが、基本的には古本買取した値段を販売価格から差し引いたものが粗利となるでしょう。新刊書店の場合は、「パターン配本」というものを仕入れに活用しています。パターン配本とは、あらかじめこの種類の本はAランク、この種類の本はBランクといったようにランク付けをしておいて、そのランク付けにそって機会が送品冊数をはじき出してくれるという仕組みです。いちいち店に置きたい本を1タイトルずつ注文する必要がなく、自動的に欲しい本が送られてくるというわけです。
一方、古本屋は古本買取での仕入れが基本ですので、パターン配本のシステムはもちろん利用することが出来ません。お客さんが何を何冊持ってくるかわからないので、本のタイトルによって在庫の数が大きく変わってしまうことも多々ありません。お気に入りの本だけを買い取ってお店で売るのは非常に難しいです。
同じ本を扱うビジネスでも、古本と新刊でここまで違いがあるのです。