古本屋と出版業界

現在、日本全国には約三千の出版社があり、20数万点もの書籍が世の中に流通しています。さらに、これに加えて毎年2万数千点ずつ出版される書籍は増えていっています。ちなみにこれは書籍だけの数で、雑誌を加えるとこの数はさらに増えます。出版とは、多品種小生産の業界といえるでしょう。
これだけの本があると、管理をするのも大変です。管理がずさんな書店の場合、本当はお店に在庫があるにもかかわらず、お客さんに在庫切れだと伝えてしまう場合もあります。ただ、最近の書店はコンピューターで在庫管理をしており、在庫の有無がすぐわかるようになっていますのでこういったことはほとんど起こりません。
一方、古本屋の中にはコンピューターを置いていない店がまだ多くあります。どんなタイトルを古本買取したかきちんと把握していなければ、せっかく来てくれたお客さんを逃してしまうことにもつながります。さらに、お客さんが本のタイトルを正しく覚えているとは限りません。抽象的な内容や誤ったタイトルから古本を探さなければならないこともあります。
お客さんが欲しい本を探すのも古本屋の仕事ではありますが、できればタイトルくらいは覚えておいてほしいというのが正直なところです。