本の売価と専門店の役割

セドリ自体は悪いことではありません。安すぎる値段が付いた本は、本当に必要としている人のところに届かない可能性があります。正当な値段で売ってこそ、あるいはその本が本来置かれるべき店にあってこそ、探している人の手に渡るからです。

専門店では売り値が高いのが常識です。それでも本を探している人は専門店へ向かいます。たとえ高値でも、自分が求める本が専門店に集まっていることを知っているからです。

一方、そうした専門店が専門書として維持されていくには、常時、一定のレベルを保った品揃えが必要です。そのためには、ときに市場で高く仕入れなければならないこともあるでしょう。高く仕入れた本を安く売ることはできませんから、入札するのはやはり高い売り値で出せるものに限られます。専門店での売り値の高さには、ある程度長い期間その本を置いておくための利益が見込まれています。そうしたほうが、本当にその本を欲している人の手に確実に手渡すことができます。

つまり、値段は決して安くはないが、目的の本を高い確率で見つけることができる。それが専門店の役割なのです

Be the first to comment on "本の売価と専門店の役割"

Leave a comment

Your email address will not be published.


*